×

CATEGORY

  • 才谷屋 才谷屋
  • 才谷屋 才谷屋
  • 才谷屋 才谷屋
  • 伝統的な製法から製造される本格明太子







 
極太特選 極太特選

熟練の職人がひとつひとつ丁寧に心を込めて製造しております。
本物の味を、お楽しみください。

特選切子 特選切子

切れている分、味が滲み込みやすく粒もしっかりしていて、とても美味です!自宅用や贈答品などに、是非ご利用ください。

切れ小 切れ小

食べやすい一口サイズの明太子


 

ボッタルガ ボッタルガ

熟成乾燥させたおつまみ明太子

バラコ
バラコ

使い勝手抜群の一品

和え物明太 和え物明太

様々な食材と和えた明太子セット
 

NEW ARRIVALS新着商品

PICK UPおすすめ商品

CONTACTお問い合わせ

商品に関して、ご不明な点がございましたら、
お電話かメールよりお問い合わせください。

TEL 092-524-0509

お問い合わせはこちら

才谷屋のこだわり 才谷屋のこだわり

才谷屋のこだわり

才谷屋で一番気をつけていることは、味はもちろんのことですが、徹底した選別を行い安定した味のご提供を心がけております。味付けには北海道産昆布、鹿児島串木野産鰹節、京都伏見産唐辛子など調味料にも徹底したこだわりをもって、ひとつひとつ丁寧に製造しております。

才谷屋のこだわり

お知らせ

特定商取引について

お支払い方法について

お支払いは、代金引換、銀行振込、郵便振替、クレジットカード決済、オンラインコンビニ決済、ネットバンク決済、電子マネー決済がご利用いただけます。
※銀行振込・郵便振替をご利用の場合、商品発送はご入金確認後となります。ご了承ください

代金引換 銀行振込 郵便振替

クレジットカード決済クレジットカード決済クレジットカード決済

オンラインコンビニ決済

送料について

一箇所につき商品代金10,000円(税込)以上お買上げいただきますと、送料・代引手数料が無料となります。
※セール期間中は送料が通常と異なる場合がございます。
※離島地域の方は別途メールにて送料をお知らせいたします。
※商品はクール便でお送りいたします。

※昨今の運送業界の事情により送料を変更いたします。どうぞよろしくお願い致します。

北海道 1,700円
青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県 1,500円
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県 1,200円
岐阜県・静岡県・愛知県・三重県 1,100円
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県 900円
福岡県 500円
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県 800円
沖縄県 1,600円

※表示価格は税込価格です。

返品交換について

お客様のご都合によるご返品には対応できかねますのであらかじめご了承ください。
不良品があった場合は商品到着後2日以内にメールまたは電話にてご連絡ください。
一度開封された商品(開封後不良品とわかった場合を除く)、お客様の責任でキズや汚れが生じた商品の返品はお受けできません。

お問い合わせ先

お問い合わせは、メール・電話・FAXにて承っております。
メール:info@karasimentaiko.com
電話:092-524-0509
FAX:092-791-5396

多くの人に愛される明太子!明太子の歴史や特徴について知ろう!

スケトウダラの卵巣を旨味たっぷりのピリ辛タレにつけ込んだ「明太子」は、日本ではご飯のお供の定番です。おにぎりの具やパスタでも人気があり、老若男女問わず愛されています。ここでは、多くの人に愛される明太子の歴史や特徴についてお届けしたいと思います。

日本に明太子が浸透するまでの明太子の歴史

韓国が明太子の発祥といわれている?

明太子は、辛子明太子ともいわれており、スケトウダラの卵巣を辛子入り調味料につけたものになります。現代では、ご飯のおかずとして定番ですが、実は、日本で明太子が食べられるようになったのは、比較的最近のことであることは知っていたでしょうか?本来、明太子は朝鮮半島が由来の食べ物であったとされています。朝鮮半島の東海岸ではスケトウダラの卵が採られており、17世紀頃から塩辛にして食べていたといわれています。この塩辛に唐辛子を加えたものが、明太子が食べ物として誕生した起源です。本来、明太子は韓国語で、また、スケトウダラは「明太(ミョンテ)」といいます。名前の由来は、太(テ)という人物が朝鮮半島の明川(ミョチョン)という街で、採った魚(スケトウダラ)が美味しかったことから、明太と名付けられたといわれています。ちなみに、明太子は明太の子という意味から名前が付けられています。

日本で初めて明太子が誕生した経緯とは?

日本で明太子が食べられるようになったのは、20世紀に入ってからです。日本での明太子の歴史には諸説ありますが、一番古いものは、明治時代に樋口伊都羽(ひぐちいづは)氏が明太子を初めて作ったという説です。会津藩士の息子である彼は、明治時代に朝鮮半島へ渡って漁業に従事するようになります。その際に、スケトウダラの卵巣が捨てられてしまうのが勿体なく思い、その時に明太子を商品化することを考えたといわれています。そして、明治40年、釜山で樋口商店を創業した彼は明太子販売を開始し、彼が作った明太子が日本へ入ってきたという説です。しかし、終戦によって樋口商店が廃業になってしまったことから、戦後、韓国から明太子輸入することができなくなります。彼は、ご飯のおかずとして食べていた明太子の味をなんとか再現できないかと、日本での明太子作りの試作へと進んでいくことになるのです。

明太子が日本各地に広がったきっかけですが、今では「明太子=博多名物」として有名ですよね。このように、現代で博多明太子が知られるきっかけになったのは、戦後、博多に明太子店である「ふくや」を創業した、川原俊夫氏の活躍があったからといえます。彼は、戦前に韓国の釜山に住んでおり、終戦、夫婦で日本に引き上げて暮らしを始めます。日本で生活する中で、日頃から慣れ親しんで食べていた明太子が忘れられず、日本で明太子作りを始めたことが大きな転機となります。しかし、明太子作りを日本で始めた当初は、日本人の口に合う明太子を作ることに苦労し、彼自信が納得いく明太子が完成するまでには10年の歳月を費やします。そして、数々の試行錯誤を経てようやく完成したのが、ふくやの明太子なのです。彼は、自分が手掛けた明太子が評判を呼んでも、製造法を企業秘密にせずに周りの人へ喜んで教えていたなど、明太子を多くの人に愛してもらいたい人柄も魅力です。その甲斐あって、博多では明太子の製造会社が増え、新幹線が博多まで通るようになった1975年には、明太子輸送が容易にできるようになり、博多明太子が日本全国に広まっていくことになります。現在、日本の明太子消費量は年間3万トンで、国民の間でいかに明太子が広く浸透し、親しまれる食べ物になっているかが分かりますよね。明太子発祥の地として博多が有名になった背景には、明太子を国民食として広げていった川原氏の大きな努力があったことが現在に繋がっているのです。

福岡で誕生した博多辛子明太子の歴史について

辛子明太子とは?

辛子明太子は、明太子の歴史でも触れた通り、博多の街で生誕して多くの人に愛され続けている博多名産品です。辛子明太子の原料には、タラ科の魚であるケトウダラの卵巣が使われており、全長約60㎝程度の魚です。スケトウダラは、日本海、太平洋の北部、ベーリング海、アラスカ湾など、主に北海に生息する魚で、大体2月~4月頃の日本海近海、12月~2月頃の朝鮮近海で産卵が行われます。そのスケトウダラの卵巣がタラコで、タラコを唐辛子や香辛調味液につけ込んだものが辛子明太子です。

辛子明太子の歴史とは?

辛子明太子は、今や日本人の食卓には欠かせないご飯のおかずの共ですよね。辛子明太子のルーツは、17~18世紀頃にさかのぼります。朝鮮の漁師の間では、スケトウダラが捕れると魚よりも卵が美味しいと評判で、当時、卵を取り出して塩辛などを作って食べていた歴史があります。そして、これに唐辛子をまぶして保存したものこそ、現在の辛子明太子の原型なのです。本来、明太子は韓国では庶民が食卓で食べるおかずとして親しまれており、その後、韓国から明太子が九州へと渡り、川原俊夫氏が現在の福岡の老舗辛子明太子店「味の明太子ふくや」を創業し、辛子明太子が広まっていきます。

初代社長である彼は、韓国の食べ物であるキムチから辛子明太子のヒントを得て、1949年に辛子明太子を日本で初めて商品化して販売します。その後、辛子明太子は評判になり、多くの人に愛される食べ物として九州から全国へと派生し、日本全国で親しまれる食べ物へと発展していくのです。現代では、辛子明太子のアレンジレシピなども色々あり、パスタやシュウマイなど色々な料理に使用する食材として利用されており、日本の食文化にも辛子明太子は欠かせない食べ物として根付いています。

日本で明太子(めんたいこ)といわれる名前の由来ですが、韓国ではスケトウダラを「明太(ミョンテ)」といっていた歴史がありますよね。戦前に釜山に住んでいた日本人の間では、「明太(メンタイ)」といわれていたことから、スケトウダラの子供という意味合いで、「ふくや」を創業した川原氏が「明太子(めんたいこ)」と名前を考案して命名しています。

美味しいだけじゃない!明太子の優れた栄養価

9種類のビタミンが摂取できる栄養満点の食べ物

目の健康効果ビタミンA

明太子に含まれる栄養素ビタミンAは、眼精疲労軽減、ドライアイ予防、視力低下防止などの健康的効果があります。どれも目の健康に関わる効果ばかりです。現代時は、スマホやパソコンを使用する機会も多いので、目の健康を保つために必要なビタミンAの栄養素は、とても大切です。目というのは、脳の一部といわれており大事な部分です。なので、目の健康維持のためにも、明太子を食べることでビタミンAを摂取することができます。

健康に欠かせないビタミンB1

明太子に含まれる栄養素ビタミンB1は、疲労回復、集中力持続、風邪予防などの健康的効果があります。これらの効果は、どれも社会人にとって見逃せない健康効果とえます。また、学生にとっても勉強や入試に効果を発揮できますよ。疲れやすい、集中力の持続性を高めたい、そんな時には明太子を食べてビタミン1を摂取しましょう。

発育効果ビタミンB2

明太子に含まれる栄養素ビタミンB2は、健康な肌・爪・髪の再生、皮膚や粘膜の正常維持などの健康的効果があります。発育に関係する効果が多く、大人も子供も必要な栄養といえます。また、ビタミンB2には美容やダイエット効果もあるといわれており、美しさを保つための大切な栄養素ともいわれています。小さい頃ころから明太子を食べて、健康で健やかな体作りに努めることができます。

妊娠さん必見のビタミンB6

明太子に含まれる栄養素ビタミンB6は、貧血防止、つわり軽減、妊娠中毒症予防などの健康的効果があります。どれも妊娠さんにとって大事な効果ばかりです。特に、妊娠中毒症に関しては、症状が深刻な場合には流産や未熟児に繋がる恐れもあるので、明太子を食べてビタミンB6を摂取することができるのは嬉しいポイントです。しかし、妊娠さんの場合、明太子を食べる際に注意したい点があります。それは、明太子にはリステリア菌といわれる感染症リスクがあるため、生で食べることはNGです。必ずしっかり火を通して食べましょう。

年配者に嬉しいビタミンB12

明太子に含まれる栄養素ビタミンB12は、肩凝り緩和、腰痛改善などの健康的効果があります。現代時は、特に運動不足といわれているので、ビタミンB12はそんな現代人には欠かせない栄養素の一つです。また、この他にも、アルツハイマーや認知症などにも効果があり、年配者にとってビタミンB12の摂取は大切な栄養素といえます。このように、老若男女問わず、明太子にあるビタミンB12の栄養素というのは健康の味方なのです。

女性必見ビタミンC

明太子に含まれる栄養素ビタミンCは、美肌、シミ・シワの予防、ニキビ改善などの健康的効果があります。肌健康に関連する効果が多く、女性にとっては見逃すことのできない栄養素といえます。また、ビタミンCは体の代謝もアップさせるのでダイエット効果があり、リンパの流れや血流を改善するので、脚痩せや半身痩せなどの嬉しいエステ効果が期待できます。

アレルギー対策ビタミンD

明太子に含まれる栄養素ビタミンDは、花粉症予防、アトピー(皮膚炎)予防、喘息予防 などの健康的効果があります。ビタミンDは、特にアレルギーに関する症状を予防したり、改善したりする際に効果を発揮します。なので、花粉症やアトピーなどに悩んでいる方にとって、日頃の栄養面に関して見直すこともの効果的といえます。症状の辛い時期をはじめ、年間を通してビタミンDを摂取することは、アレルギーに強い体を作ることにもなっていくので、日常的に少量ずつビタミンD摂取できる明太子はおすすめです。

老化防止ビタミンE

明太子に含まれる栄養素ビタミンEは、抗酸化作用、ホルモンバランス調整、血行促進などの健康的効果があります。ビタミンEは、抗酸化作用で老化防止効果を発揮します。また、更年期になってくると乱れるホルモンバランスも調整します。さらに、血行促進によって冷え性や肩こり改善など、女性や年配の方をサポートする健康効果が挙げられます。

健康な骨作りビタミンK

明太子に含まれる栄養素ビタミンKは、丈夫な骨作り、サラサラな血液にするなど、健康な体を作っていく上で役立つ効果があります。丈夫な骨造りは骨粗鬆症予防、サラサラな血液は生活習慣病予防に繋がります。このように、健康な体を考える上でビタミンKは大事な栄養素なのです。

ミネラルも豊富に含まれている

男性に必要な亜鉛

明太子には亜鉛が含まれています。ED(勃起不全)改善、筋肉増強、抜け毛防止など健康的効果が挙げられます。EDや抜け毛というのは、男性にとって大きな悩みに挙げられますが、亜鉛の摂取で改善へと繋げていくことができます。また、筋肉増強効果もあり、逞しい体作りもサポートします。亜鉛は摂取しにくい栄養素の一つなので、男性の方は積極的に明太子を食べて亜鉛を摂取しましょう。

イライラ防止カルシウム

明太子にはカルシウムが含まれています。イライラ解消、高血圧予防など健康的効果が挙げられます。すぐイライラする方は、高血圧な方であることが多いです。なので、カルシウムをしっかりと摂取することで、イライラ解消や高血圧予防に繋がっていきます。また、ストレスが溜まってしまうと色々な病気も引き起こす原因にもなるので、カルシウム不足にならない食生活は大切なのです。明太子を食べてカルシウムを摂取し、イライラや高血圧を改善していきましょう。

頭痛効果のある鉄分

明太子には鉄分が含まれています。頭痛改善、動悸、息切れの予防など健康的効果が挙げられます。鉄分というのは、酸素供給の役割があり、鉄分摂取は脳や心臓へしっかり酸素を運びます。なので、頭痛、動悸、息切れのなどの改善効果があります。特に、偏頭痛が悩みの方は、明太子を食べるのはおすすめです。

浮腫み解消効果カリウム

明太子にはカリウムが含まれています。浮腫み解消、利尿作用など健康的効果が挙げられます。カリウムは浮腫み解消効果が期待できますが、その理由は、浮腫みの原因であるナトリウムを体外排出し、体内塩分代謝を調整する働きがあるからです。また、利尿作用というのは、カリウムのよるナトリウム排出によって働きます。しかし、明太子の塩分には注意が必要なので、食べ過ぎや塩分の多い食べ物との食べ合わせには気を付けましょう。

まとめ

多くの人に愛される明太子の歴史や特徴についてお届けしてきましたが、いかがでしたか?大人から子供まで幅広い年代の方に人気の明太子には、人気になるまでのヒストリーがあり、今では多くの人に親しまれる人気食品になっています。また、美味しいだけでなく栄養価も高いところも魅力です。皆さんにとって明太子を魅力を改めて知るきっかけになれば嬉しいです。